FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明けましておめでとうございます

2011年01月05日 10:46

明けましておめでとうございます。

年末から年明けにかけて大雪の予報が出ていたのですが、あいにく豪雪地帯の
ここ小国町ではまだ、80cmくらいしか積もっていません。
まだまだこれからが本番。
今シーズンはどれくらい降るのかなぁ・・・。

雪景色


さて、今年もとことんに「こだわったものづくり」を追求しながら
新しい商品開発に どんどんチャレンジしていきたいと思います。

ということで、今年の一発目 !

栗繭 (くりまゆ) の糸をつかって男物の角帯を創ってみます。

栗繭とは、栗の葉などをおもに食べる虫がつくる繭のことです。 正式には 「樟蚕 (くすさん)」 といいます。

栗繭 

 この栗繭だけで糸をつくると、こんな糸になります。 分類上、 になります。

栗繭糸

すこしサラッとしてざらっとした独特の手触りです。そしてなんといっても、天然の素朴で味わい深いこの茶色が特徴です。
唯一、栗繭でしか表現できない感触と色合いです。

この天然の色と風合いを存分に生かし、他の糸と組み合わせておしゃれな角帯をつくってみます。

濃い地のきものにはちょっと渋めにダンディーに、うすい地のきものには
上品にあわせていただけるような無地感じの帯にしたいと思います。

せっかくきものを着るのですから、男性の方々ももっともっとこだわってオシャレを楽しんで
いただきたいですし、私もそうありたいと思っています。

2~3ヵ月後、出来上がりましたらまたブログで紹介致します。




ちなみにこちらは、よこに栗繭の糸を織り込んだ八寸の名古屋帯です。
素朴な色合いと、少しかすれたやさしい市松模様が和をかもしだす人気の商品です。

栗繭八寸帯
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kakidoro.blog72.fc2.com/tb.php/16-53675152
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。